今回は、元国民的アイドルグループ・AKB48の人気メンバーで、女優を中心に活躍する大島優子と、日本を代表する俳優・阿部寛貴重な共演シーンを振り返っていきたいと思います。

『アンティーク 〜西洋骨董洋菓子店〜』(2001)

2001年に放送された滝沢秀明主演ドラマ『アンティーク 〜西洋骨董洋菓子店〜』(フジテレビ)の第4話に、子役時代の大島優子が出演し、2人は初共演を果たしています。

⇨ 『アンティーク 〜西洋骨董洋菓子店〜』公式HP

大島優子は病気で入院生活を送る・大林加世子役、阿部寛は後に洋菓子店「アンティーク」のギャルソンとなる小早川千影役をそれぞれ演じています。

『伝染歌』(2007)

2007年に公開されたAKB48主演のホラー映画『伝染歌』で、2人は再共演を果たしました。

『伝染歌』公式HP

大島優子は青雲女学院トライアスロン部部長・夏野あんず役、 阿部寛は唯一の生存者・ジェイク方丈役を担当しています。

『疾風ロンド』(2016)

 

2016年に公開された阿部寛主演映画『疾風ロンド』で、2人は3度目の共演を果たしています。

阿部寛は泰鵬大学医科学研究所の主任研究員栗林和幸、大島優子は里沢温泉スキー場に来ていたスノーボード選手・瀬利千晶役を演じています。

『公開イベント』

「疾風ロンド」の公開イベント』には、2人が参加していて、お互いの意外な特技について語っています。

『スッキリ』

朝の人気情報番組『スッキリ』(日本テレビ)には、2人がVTR出演しました。

『スッキリ』公式HP

トークでは、雪山の撮影で行っていた㊙体調管理法や、自宅での変わった行動などを紹介しています。

『インタビュー』

──おふたりは、これまで共演経験はありますか?

阿部 映画では1回ありましたが、これだけガッツリは初めてだよね。

大島 そうですね。その前に子役のときも共演させていただいていて(※)。阿部さんとは現場ですれ違ったり、お見受けする機会が約10年おきにあるんです。なので、10年に1度のお方って印象です(笑)。

※ドラマ『アンティーク~西洋骨董洋菓子店~』(’01年)、映画『伝染歌』(’07年)で共演

阿部 (笑)。僕は最初、あれだけのグループ(AKB48)でトップを取られた方だから、すごくガードの固い子なのかなって勝手に想像していたんです。でも全然違って、撮影でお世話になった地元の人とすぐ仲よくなったり、気がついたらお宅にお邪魔して一緒にご飯を食べてて(笑)。すごく気さくだし、人との間に壁をつくらない人なんだなって。意外でした。

大島 はい、撮影中はすっかり地元の子になってました(笑)。

引用元:週刊女性PRIME

AKB46の大島優子のイメージが大きかった影響なのか、おそらく子役時代の共演を忘れてた阿部さんでしたが、優子ちゃん曰く、約10年に1度、お会いする機会が生まれる関係なのだそうです(笑)

今後は、10年ではなく、もうちょっと短いスパンでの再共演を願っております!(笑)