2020年に自身がボーカルを務める『東京事変』の活動再開などでも話題となっている椎名林檎ですが、彼女は学生時代夢中になった存在がいます。それはロックバンド『NUMBER GIRL』のボーカルを務める向井秀徳です。

椎名林檎といえば今や、日本を代表する女性歌手で、音楽活動はもちろんのこと、リオオリンピック閉会式の演出チームに参加したりと、その活躍ぶりは凄まじいものですが、そんな彼女が夢中になる存在ですから、向井秀徳という人物は、計り知れないほどの存在だということでしょう。

そこで今回は、そんな彼女が尊敬する向井秀徳との共演シーンを調べてみました!

『僕らの音楽』で、二人の対談が実現。

2011年に放送された音楽対談番組僕らの音楽(フジテレビ)で二人の地上波番組共演実現しました。

今回の対談で気になったのは、椎名林檎の”緊張した様子“と、いつものクールな表情とは違い、”乙女さが溢れ出ている“ところです。(笑)

また、人見知りだと言われている彼女ですが、常に向井秀徳の顔を凝視しているのが印象的ですね。

また、椎名林檎のについても触れています。

『KIMOCHI』を披露。

 

『2015年紅白歌合戦』で、共演。


出典:http://ukigumoch.blog.jp/archives/46439166.html

2015年の紅白歌合戦(NHK)でも共演を果たしています。

神様、仏様』と『長く短い夏』2曲を披露していますが、『神様、仏様』は向井秀徳とのコラボ曲であった為、今回の特別出演が実現しています。

⇨ 『紅白歌合戦』公式HP(NHK

近年の椎名林檎のメディア出演増加傾向

最近思うのですが、椎名林檎のテレビ等のメディア露出が数年前よりも増えてきているように思えます

また、2020年から自身が所属する東京事変』の再活動も決定しました

その事で、椎名林檎自身の魅力だけでなく、彼女が”愛するものや”尊敬する人物なども認知されていくことに繋がるのではないかと思います。

というわけで今後の彼女の活躍に期待したいですね。