明石家さんまとダウンタウン松本人志の貴重な共演(さんまのまんまや恋のから騒ぎなど)【動画】

この記事は3分で読めます

前回は明石家さんまと相方の浜田雅功との共演シーンを紹介しましたが、今回は松本人志との共演です。浜ちゃんと比較すると、映画監督としての一面もある松ちゃんはピンとしての共演も見られ、非常に貴重なものとなっております。というわけでそんな二人の共演シーンをいくつかご紹介させて頂きます。

 

 

 

 

27時間テレビ(1998)

58:30~さんま×ダウンタウン

1998年に訪欧されたフジテレビ恒例の27時間テレビでは、ダウンタウンと元NBAバスケット選手のデニス・ロッドマンビリヤード対決が行われましたが、対決終了後に番組繋ぎの中継で明石家さんまとダウンタウンのトークシーンが見られました。その際に、さんまさんは松本に対して、予定時間を押してまで試合を多く行っていた事について、絡んでいましたが、さんまさんの失敗した髪型をいじるなど、面白い内容となりました。(笑)

 

 

 

 

さんまのまんま 2007.6.1

その後、明石家さんまとダウンタウンの共演が全く見られない期間が数年続きましたが、2008年にしてようやく共演を果たしました。この頃は、松本人志が映画監督としての活動を本格的に開始した時期で、初監督作品となった「大日本人」の宣伝も兼ねて、さんまのまんまに出演しました。さんまさんの印象としては、他のゲストの時と違う、少し冷たいような受け答えも見られますが、それは同じ吉本興業で最も勢いのある後輩かつ、多くのメディアなどで面白いお笑い芸人として何度も比較される程、自身を脅かすような存在となりつつあるダウンタウンへの自然に出てしまう態度というのでしょうか。(笑)他の後輩芸人には無い攻撃的な振りやリアクションが見られます。(笑)

 

 

 

 

恋のから騒ぎ 2009.9.12

今回も2作目の映画となった「しんぼる」の宣伝を兼ねて、長寿番組であった「恋のから騒ぎ」にゲスト出演しました。この時もさんまさんの少し喧々した対応が多々見られる内容となっていました。(笑) ただ1つ思うのは、多くのMC番組を務めるダウンタウンですから、ゲスト出演自体が大変珍しいもので、且つ偉大な先輩芸人MCの明石家さんまが務めるバラエティ番組で、恋のから騒ぎメンバーの恋愛話を聞くという趣旨でしたので、ゲストであった松ちゃんが多少空気的な存在になってしまっているのは、今回だけではないでしょうか。(笑)その意味でも大変貴重な回となりました。(笑)

 

 

 

 

ダウンタウン松本人志の明石家さんまに対する印象とは・・?

2016年7月に放送されたフジテレビ系バラエティ番組「ダウンタウンなう」では、明石家さんまとダウンタウンについての話になり、松本はその事について下記のように語っています。

「さんまさんは俺が一人で行ったって、絶対絡んでくれないのよ、ちゃんとは」と本音を語り、「俺の距離には絶対入ってこない」

出典:https://npn.co.jp/article/detail/40871547/

これらを考えると、さんまさんはダウンタウンより面白いという事を視聴者に伝えたいという思いが自然に出てしまっているのかも知れませんね。(笑)他にも考えられる要因を挙げてみると

 

・自身を脅かすようなダウンタウンの活躍ぶり

・吉本興業のダウンタウン推し

・ライバル視

・多くのメディアからの比較対象

まだまだたくさんあると思いますが、真相は結局本人にしか分かりません。(笑)ただ過去には、松本出演の「すべらない話」に対しての批評もあり、自身の「踊るさんま御殿」と比較するなど、ダウンタウンの番組への評価も見られました。それらを考えると、上記の要因が当てはまるとも言えますね。

 

最近では、ダウンタウンとしていいとも最終回で共演するなど話題となっていましたが、いつか明石家さんまvsダウンタウンという形式で、さんまのまんまのようなサシでのトークが見られる特番でもやってほしいと思います!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


芸能人のメディア出演動画はこちらから

アイドルグループメンバー同士の旅シリーズ

SMAP

関ジャニ∞

KAT-TUN 沖縄 仙台 長野

乃木坂46

欅坂46