大人気漫画『鬼滅の刃』のアニメや映画の主題歌(『紅蓮華』『炎』)を担当し、大ブレイク中のアーティスト・LiSAですが、彼女には憧れの歌手グループがいます。

それは、90年代後半を中心に人気を博した、島袋寛子・今井絵理子・上原多香子・HITOEの4人からなるダンス&ボーカルグループのSPEEDです。

そこで今回は、LiSAとSPEEDのメンバーの共演シーンが存在するのか調べてみました!

『自身のTwitter』で、たびたびSPEEDについて綴る。

『ベストアルバムリリースのインタビュー』で、憧れのSPEEDについて語る。

今回のベストアルバムは、自分の夢が実現したひとつの結果なんですよ。そんな自分に歌を歌うという夢を与えてくれたのがSPEEDでした。何者でもなかった自分が、SPEEDに出会い、歌を歌うという夢を持ち、その夢を追いかけて、今、LiSAという名前を背負って歌を歌っている。そんな自分にとってのスターだったSPEEDの曲を書いていた伊秩さんに、ずっと曲を書いてもらいたいと思っていたので、今回のベストアルバムのタイミングでお願いすることにしました。私、SPEEDのようになりたかったのではなく、SPEEDになりたかったんです。

――それはSPEEDのメンバーになりたかったということですか?

そうそう(笑)。同世代の、ちょっと上のお姉さんたちがカッコよく歌って踊っているのに憧れて、自分もその中の一人として歌いたかったんですよ。それが今では、誰かが私の歌っている姿を見て、自分も歌を歌いたいと思っているかもしれない。そんな立場になったからこそ、あらためて、自分が通ってきた道の始まりの人に会うべきだと思いました。

引用元:マイナビニュース


2018年にリリースした自身初の『ベストアルバムのインタビュー』では、憧れのSPEEDについて熱く語っています

SPEED=自分に歌を歌うという夢を与えてくれたと語っていることから、まさにSPEEDがLiSAという歌手の誕生の起源となったといっても過言ではないでしょう。

そんなSPEEDになるために、SPEEDの多くの曲を担当した音楽プロデューサーの伊秩弘将に作曲をお願いし、『WiLL~無色透明~』という曲が誕生しています。

『音楽の日』(2018)で、SPEEDの2ndシングル『STEADY』をカバー。

毎年放送されているTBSの音楽特番『音楽の日』の2018年回に、LiSAがゲスト出演し、SPEEDの2ndシングル『STEADY』をカバーしました

『音楽の日』公式HP

『自身のTwitter』で、カバーについて語る。

『嵐にしやがれ』で、SPEEDについて語る。

嵐の人気冠番組『嵐にしやがれ』(日本テレビ)の『隠れ家ARASHI』に、LiSAがゲスト出演し、SPEEDに憧れていた事について語っています

『嵐にしやがれ』公式HP

小学生時に”関市のSPEED”(※岐阜県関市出身)になると紹介されたLiSAは、「自分が小学生の時にSPEEDさんがデビューして、島袋寛子さんが自分と同じ小学生で、あんなにもテレビの中でカッコ良く歌って踊られているSPEEDさんの姿を見て、私もSPEEDになりたい!って。」「その当時SPEEDさんを歌いたいけど、特に寛子さんの高いパートを歌える人がなかなかいなくて。そこを歌えるヤツがどうやら関市にいるらしいって噂になって。」「それで小学生の時に、あいつSPEEDがうまいらしい。寛子さんパートを歌えるヤツがいるらしいって言って。」と、小学生時代の写真とともに語っていました。

『SPEEDの25周年記念ボックス発売』に、LiSAがお祝いメッセージ。島袋寛子が感謝のリプ。

LiSAは、「初めてドキドキをくれたのも、初めてCDを手にしたのも、初めて雑誌を切り抜いたのも、初めて憧れたのも、初めての夢をくれたのも。私に初めてをたくさんくれたのはSPEEDさんでした。私にとって正真正銘の原点です」とSPEEDへの熱い思いをつづり、「25周年おめでとうございます」と祝福している。

引用元:マイナビニュース

2021年に発売予定のSPEEDの25周年記念ボックス『SPEED MUSIC BOX -ALL THE MEMORIES』に、LiSAからお祝いのメッセージが寄せられ、SPEEDのメンバーである島袋寛子が感謝のリプを綴っています

まさかの本人からのリプには、LiSAは「子供の頃の自分に伝えたい」と興奮していました(笑)。