現在はYouTuberとしても活躍するお笑い芸人・江頭2:50ですが、彼といえば、脚本家・橋田壽賀子とのある事件をきっかけに、かつて放送されていたお昼の番組『笑っていいとも!』に出禁となってしまい、大きな伝説を残しました(笑)。

今回は、そんな二人の貴重な共演シーン等を振り返っていきたいと思います。

『笑っていいとも!』で初共演し、暴走後に13年間出入り禁止。


タモリがMCを務めていたお昼の人気バラエティ番組『笑っていいとも!』(フジテレビ)で、2人は初共演を果たしています。

『笑っていいとも!』公式HP

着ぐるみ姿でサプライズ登場したエガちゃんは「俺はお前が昔から好きだった!」と伝えた後、橋田先生に強引にキスをしてしまいました・・(笑)。

その後、13年以上も『いいとも』を出禁になっています(笑)。

『エガチャンネル』で、当時について語る。

江頭2:50のYouTubeチャンネルである『エガチャンネル』で、”橋田先生に強引にキスをした理由”について語っています。

橋田先生に強引にキスをした理由

俺がサプライズで、いいともに登場したんだよね。そしたら向こうが「あっ!この人・・トルコで裸になった人」って言われて、俺はコーナーを進めようと思って、それを無視してたんだけど橋田壽賀子が何回も言うのよこの口を封じるには、(自分の)口しかない!ってなって、また「トルコで・・」って言った瞬間に、俺がブチューってキスしたんだよ!
そしたら極楽の加藤(加藤浩次)と慎吾(香取慎吾)ちゃんから、強引に剥がされて、引っ叩かれた(笑)。それで13年間出禁になった!

どうやら、橋田先生からトルコについて何度も連呼された事が、キスの引き金となったそうです。(笑)

橋田先生が笑いを取るために連呼してたなら、芸人顔負けのイジりですよね(笑)。

 

いつかまた2人の共演を見てみたいですねー。