引き続き今回は、有吉ダウンタウンの共演集②をご紹介したいと思います。

有吉とダウンタウンの貴重な共演集①

『リンカーン 100秒の世界①』2010.7.27

 

リンカーンの名物企画であった100秒の世界』に、オーナーの”アリ・パチーノとして有吉が出演しています

今回も、ダウンタウンをはじめ、さまぁ~ず雨上がり決死隊キャイ~ンに対しても躊躇すること無く、持ち前のドSキャラを発揮していました。(笑) 

松本人志は、当時『左股関節唇損傷』だったため、リンカーンを欠席しています。

企画では、箸で小豆を隣の皿に移す『アズキ スリーピース』や『ブラジャー フィッティング』、片手でゴルフボールを縦に2つ積む『ゴルフボール ツインタワー』、20枚のカードの中から神経衰弱で1人1ペアを作る『シンクロナイズド カード』、抜けている数字を言い当てる『What’s the number』など、他種目のプレッシャーゲームが行われました。

『リンカーン 100秒の世界②』 2010.8.31

 

『100秒の世界』の第二回目から、松本人志復帰しています

ゲーム開始前、若干動揺気味の有吉がとても貴重です。(笑)

今回も『スレスレアイアンボール』や『スーパーボールホールインワン』、前回苦戦した『What’s the number』など他種目のゲームが行われています。

『リンカーン 100秒の世界③』 2010.12.7

 

『100秒の世界』第三回目では、『収録前の楽屋挨拶で、テレビ出演時とは異なる”素の有吉”だった事について、有吉が松ちゃんからのイジリられているシーンがとても貴重です。

今では、有吉が先輩芸人からイジられるシーンほとんど見られなくなったので、とても貴重ですよね。

今回も『ダンボール クイックパタン』や『VS アル・パチーノ』、『ふわふわティッシュ』、『スッポン パラダイス』、『キャッチ ザ コケコッコー』、また最終ゲームの定番となった『What’s the number』が行われました。

● 有吉とダウンタウンの共演集③