あの伝説的学園ドラマ『ごくせん』(日本テレビ)の第1シリーズが、特別編として再放送される事が話題となっていますね。

主演で担任教師役を務めた仲間由紀恵とリーダー格の生徒役を演じた松本潤ですが、ドラマ後の2人の再共演なども気になりますよね。

そこで今回は、2人の貴重な共演シーンを、ごくせん時代から振り返ってみたいと思います。

『ごくせん』

仲間由紀恵主演の大人気学園ドラマ『ごくせん』で、2人はドラマ初共演を果たしました。

『ごくせん』公式HP

仲間由紀恵は白金学院高校3年D組担任で”ヤンクミ“こと山口久美子役、松本潤は3-Dの生徒・沢田慎役をそれぞれ演じています。

『仲間由紀恵から貰ったチョコレートを捨ててしまった事を懺悔する松潤』

『ごくせん』の撮影で、主要キャストの『ざんげしたい事』が紹介されたのですが、松潤は、仲間由紀恵から頂いた手作りのヤンチョコ(ヤンクミチョコ)を、ヒーターがガンガンに効いた車の中で溶かし、それを捨ててしまったをざんげ告白しています(笑)。

あまりにもショックだったせいか「それ失礼じゃない!?」と、まるでヤンクミのように松潤を問い詰めていましたが、すかさず「俺貰ってないよ」と隣にいた教頭役の生瀬勝久が松潤をフォローし、最後は2人からイジられちゃう由紀恵ちゃんでした(笑)。

『「ごくせん」7年間の歴史すべて見せますスペシャル!』

2009年に放送された特番『「ごくせん」7年間の歴史すべて見せますスペシャル!』(日本テレビ)に、仲間由紀恵を始めとするごくせんのキャスト達が集結し、松本潤もVTR出演しました。

『ごくせん』公式HP

由紀恵ちゃん・松潤は、『「ごくせん」の思い出』について次のように語っています。

『仲間由紀恵の「ごくせん」の思い出』(第1シリーズのVTRを見て)

私もそうですけど、みんなも動きとか表情とか声とか聞いてると、本当に若くて、手探りな感じが画面にもちょっと見え隠れしてるなーなんて思いますけど。

『松本潤の「ごくせん」の思い出』

(撮影中は)ずっと笑ってた印象はありますけどね。僕は役が役だったので、爆笑とかって感じじゃないかもしれないけれど、現場はすごい楽しかったですね。

みんなね、やっぱりギラギラしてましたよ。それがある種、若い経験が少ない人間達が集まって、どういう風にやったら、自分がピックアップしてもらえるかみたいな事で、教室内はすごくギラギラした空気だったし、その中でも「良いモノを作ろう」って皆一つになってた印象はありますね。

撮影当時の2人の年齢は、仲間由紀恵が22歳、松潤が18歳で、まさに若手でした。個人的には2人の年齢差が4歳という事にも驚きました(笑)。

『VS嵐』

嵐がMCを務める人気番組『VS嵐』の人気コーナー『BABA嵐』に、仲間由紀恵がゲスト出演しています。

『VS嵐』公式HP

BABA嵐開始前のトークでは、ごくせんの話題になり、当時の松潤について、由紀恵ちゃんは「現場で1番しっかりしていたという印象がありますね。それを見て周りの生徒達も習っていた。」と語っています。