今回は2000年に放送され、平均視聴率26.4%、最高視聴率は34.2%を記録したフジテレビ月9ドラマ『やまとなでしこ』に出演した松嶋菜々子堤真一の貴重な共演シーンを振り返っていきたいと思います。

『やまとなでしこ』

幸せなお姫様になれると信じるCAの女性と、彼女に振り回される貧乏な男性を通して、男と女の出会いの不思議を描くラブコメディやまとなでしこ』で、二人は初共演を果たしました。

『やまとなでしこ』公式HP

松嶋菜々子は大金持ちの男性との玉の輿結婚を夢見る女性・神野桜子役、堤真一は実家の魚屋で働く数学好きの貧乏な男性・中原欧介役をそれぞれ演じています。

そして同ドラマは、堤さんにとって大ブレイクのきっかけとなる作品でした。

『インタビュー』で、”お互いの印象”について語る。

インタビュー』では、”お互いの印象“について語っています。

お互いの印象

松嶋:二枚目なんですけども、関西弁をお話になるんですよ
 堤  :関西を馬鹿にしてるよね?(笑)
松嶋:いや、そんなことないです!(笑)
松嶋:東京育ちっぽい印象があったので、それで関西弁をお話になったので、ご出身はあちらなんだなと。
 堤  :あちらですからね(笑)。
松嶋:(笑)
 堤  :差別用語ですからね。完璧に(笑)。
松嶋:ご出身は関西なんだなと思ったんです。
 堤  :どうもありがと(笑)。
 堤  :無口な方なのかなと思ったんですけどもよく喋りますし、ずーっとズーズー弁でセリフを言うんですよ
松嶋:(笑)
 堤  :ちょっと変わった人ですよね素敵な人です(笑)。

撮影時は、とても仲良さそうだったのが伺えますね。松嶋さんの小悪魔ぶりも(笑)。

『サワコの朝』で、『やまとなでしこ』を振り返る。

土曜朝に放送されている阿川佐和子MCのトーク番組サワコの部屋』(MBS)に、堤真一がゲスト出演し、『やまとなでしこ』について語りました

『サワコの部屋』公式HP

月9ドラマへの出演、恋人役は当時人気絶頂の女優・松嶋菜々子という事で、「どうしてこんな有名人なの・・?」「どうしていいか分からなくて、その頃はやっぱりキツかった・・。」と振り返っています。