大河ドラマ『天地人』や『オレンジデイズ』、映画『ウォーターボーイズ』『悪人』で主演を務めるなど、日本を代表する俳優となった妻夫木聡ですが、彼にはかつて”嫉妬した俳優“がいました。

それは、俳優だけでなく卍LINEとして音楽業界でも活躍する窪塚洋介です。

今回は、そんな2人の貴重な共演シーンを振り返っていきたいと思います。

『池袋ウエストゲートパーク』

2000年に放送された長瀬智也主演ドラマ『池袋ウエストゲートパーク(IWGP)』(TBS)で、2人は(初?)共演を果たしました。

『TBS』公式HP

窪塚洋介はカラーギャング集団『G-Boys』の”キング”ことタカシ(安藤崇)役、妻夫木聡は羽沢組組長の娘の付き人である”サル”こと斉藤富二夫役をそれぞれ演じています。

『ロング・ラブレター~漂流教室~』

2002年に放送された窪塚洋介・常盤貴子のW主演ドラマ『ロング・ラブレター~漂流教室~』(フジテレビ)で、2人は再共演を果たしています。

『フジテレビ』公式HP

窪塚君は主人公で本倉高校の数学教師・浅海暁生役、妻夫木君は三崎結花(常盤貴子)の教え子・藤沢隆太役を演じました。

『櫻井・有吉THE夜会』で、”嫉妬した俳優”に、窪塚洋介を紹介。

妻夫木聡が嫉妬した俳優

 櫻井:同世代の俳優に嫉妬はあるの?

妻夫木:俺らの時は、特に窪塚くんと比べられることが多くて、どちらかというと俺は無個性な人間だったから(窪塚くんは)個性が強いじゃん。だからそういうのはあったけどね。

櫻井翔と有吉弘行がMCを務める人気バラエティ番組『櫻井・有吉THE夜会」(TBS)に、妻夫木君がゲスト出演し、櫻井君とのサシ飲みが行われ、自身の嫉妬した俳優を明かしました

『櫻井・有吉THE夜会』公式HP

当時の窪塚洋介といえば、映画『ピンポン』などでも主演を務め、映画『GO』では、日本アカデミー賞最優秀主演男優賞を最年少で受賞するなど、爆発的な人気を得ていました。

そんな彼と比較されるわけですから、妻夫木君自身も嫉妬を感じざる負えなかったのでしょうね。

『窪塚洋介のTwitter』に、2ショット写真が投稿される。

窪塚洋介のTwitter』に、貴重な2ショット写真が投稿されました。

IWGPファンにとっては、まさに歓喜の瞬間だったでしょう。

いつかまた映画などで、2人の共演が実現してほしいですね!