松岡茉優とモーニング娘。の貴重な共演集③(『関ジャム』など)【動画】

この記事は2分で読めます

引き続き今回は、松岡茉優モーニング娘。の貴重な共演集③をご紹介致します。

 

 

 

 

関ジャム 完全燃SHOW 2018.6.17

 

関ジャニ∞と俳優の古田新太がMCを務めるテレビ朝日の音楽番組関ジャム 完全燃SHOWでは、ハロプロ20周年の歴史と変化に迫る特集企画が行われ、松岡茉優はその歴史を紐解くプレゼンターの1人としてゲスト出演。今回は彼女が好きな新世紀期(茉優ちゃん命名)以前の歴史や音楽的変化を、ヒャダインや℃-uteの作詞なども担当した大森靖子の解説付きで振り返っていて、彼女にとっても大変勉強になったのではないかと思います。代表曲『LOVEマシーン』で用いられた16ビートを刻む歌い方=つんく♂流の歌唱法について、大森の解説に終始感心して、自身が参加したライブでは、メンバーから『16ビート足りないです!』と指摘された裏話を紹介しています。

 

 

モー娘。を変えた3人の最後に単推しの鞘師里保を紹介

20年の歴史の中で、モー娘。に大きな影響を与えた3人として、後藤真希高橋愛に続く3人目に単推しの鞘師里保を紹介。りほりほについて「彼女なくしては今のモーニングは語れない。」「圧倒的なダンス能力もあったし、歌もどんどん上手くなっていったのに、ずっと自信がないという憂いが良い。」と紹介。また、鞘師についてつんく♂から寄せられたメッセージを真剣な表情で聞いていました。

 

 

松岡茉優おすすめシーン『超複雑メドレー』を紹介

茉優ちゃんがおすすめのシーンとして紹介したのが、モーニング娘。17のコンサートツアーで披露された春のメドレー。VTRでは、恋愛レボリューション21 ⇄ 恋愛ハンターの入れ替わりシーンを用いて、自身の解説を交えながら、『超複雑メドレー』や、それを含めた現モー娘。の魅力を熱く語っていました。最後には、モーニング娘。=「人生を支えてもらえるアイドル。」「自分の革命児を探しにライブを見に行ってください!」と関ジャニメンバーからも絶賛される言葉でプレゼンを締めています。

 

 

 

 

モーニング娘。の過去の出演番組動画検索

こちら

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


芸能人のメディア出演動画はこちらから

アイドルグループメンバー同士の旅シリーズ

SMAP

関ジャニ∞

KAT-TUN 沖縄 仙台 長野

乃木坂46

欅坂46