サカナクションとゲスの極み乙女の貴重な共演(ミュージックステーションなど)【動画】

この記事は3分で読めます

共にオルタナティブロックバンドとして、自身のライブは勿論、全国の音楽フェス出演からテレビ・ラジオ等のメディア出演と、様々な場所で活躍しているサカナクションゲスの極み乙女ですが、そんな二組が音楽番組で共演していたのを皆さんはご存知でしょうか。知らない方もいらっしゃると思いますので、ご紹介したいと思います。

 

 

 

Music Staion の舞台裏の様子。

 

 

 

Music Station 2015.10.23

0:12~サカナクション×ゲスの極み乙女。トーク

2015年10月に放送されたミュージックステーションで、二組は地上波音楽番組では初共演を果たしていました。Mステといえば、出演者の大半がポップ歌手やアイドル歌手で占められている傾向にありますが、今回は幸運なことにも、人気ロックバンド2組が出演という事もあり、当時はTwitterなどのSNS等でもトレンドにあがるほど話題となっておりました。

 

 

 

披露曲は??

サカナクションが披露したのは、映画「バクマン」で主題歌となり、PV映像ではいかりや長介や志村けんが所属したドリフターズが出演したのドリフ大爆笑のOPをオマージュした内容となっていることなどで話題となった11thシングル「新宝島」です。

 

新宝島 (PV)

 

 

一方で、ゲスの極み乙女が披露した曲は4thシングルの「オトナチック」です。こちらはdocomoの音楽配信サービス「dヒッツ」のCMソングで、タイトルにもあるように「大人」についての思いが込められた歌詞となっており、とても魅了される曲となっています。

 

オトナチック(PV)

 

 

お互いの印象は・・?

Mステでは、2組の紹介VTRが流れた後、お互いの事についてどう思っているのか?というトークテーマを振られました。その後をボーカル同士の会話内容を振り返ってみます。

 

川谷:最初会った時、もういきなり「結構売れてるらしいね。」って言われて(笑)

山口:そんなこと言ったっけ・・? 自分。

川谷:いやっ(笑)すごいもう、枚数の話をずっとしてて。

山口:ああ・・そう。

川谷:その時のインパクトが凄く大きかったので、勝手にちょっとこう、「わっ・・」ってなっちゃって

川谷:でも今日お会いしたら、「全然覚えてない。」って言われて・・。

山口:記憶にあまりない・・。

川谷:ははっ(笑)

山口:緊張してたのかもしんない、その時。

川谷:いやいやいや、僕が緊張してます・・その時、本当に。

 

<サカナクションの楽曲については?>

川谷:いや僕は、サカナクションずっと好きで、ずっと聞いてたんですけど、海外のダンスミュージックを、JPOPに落とし込んだ先駆者的な存在として、僕はずっと見てて、今でもずっと聞いてます。

山口:恐縮です。

 

<ゲスの極み乙女の楽曲については?>

山口:僕、最初にその、ゲスの極みの音楽を聞いたときに、歌詞や言葉が良い意味でキャッチコピー的だなと思って、なんか新しい世代が出てきたなって思いましたね。

 

人気バンドのボーカル同士がお互いの楽曲についての印象を語り合っていました。何とも貴重なシーンだったのではないでしょうか。

 

 

Mステ以前に、音楽フェスなどで何度か共演する機会はあったと思いますが、見ている限りでは、川谷絵音がサカナクションの音楽が大好きだという印象がとても伝わってくる内容でしたね。私もサカナクションの曲はよく聞くので、頷いちゃうようなトーク内容でした。また2組の再共演が実現すればいいですね~。

 

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


芸能人のメディア出演動画はこちらから

アイドルグループメンバー同士の旅シリーズ

SMAP

関ジャニ∞

KAT-TUN 沖縄 仙台 長野

乃木坂46

欅坂46