乃木坂46とBerryz工房の貴重な共演(『ぷっすま』など)【動画】

乃木坂46Berryz工房15年に活動休止中)の2組のアイドルグループの共演シーンをご紹介したいと思います。

 

 

 

「ぷっ」すま激辛部新入部員オーディション(ぷっすま) 2012.8.31

2012年8月に放送されたテレビ朝日のバラエティ番組「ぷっすま」で2組が共演しました。この頃は、乃木坂が結成してまだ2年目の新人だったので、他局のバラエティ番組出演もまだ慣れていない様子です。MCのユースケ・サンタマリア草彅剛は勿論、対戦相手の先輩アイドルであるBerryz工房(当時結成8年目)に対しても緊張している様子でしたが、ももちを中心にいい雰囲気で絡んでもらっていました。そんな中でも、乃木坂の高山一実Berryz工房の大ファンで、対戦相手にいた菅谷梨沙子思いを伝えると同時に握手をしてもらい、感激していました。(笑)

 

 

ももちの辛い過去・・。

激辛料理を一口食べた瞬間にすぐリタイアを試みたももちでしたが、隣りに座っていた草彅剛から激を入れられ、「芸能界の世界で頑張ってきたんだろ!?」「10年頑張ってきたんだろ!?」と励まされていましたが、次の「今までどんな辛いことあった?」という不意の質問に対してももちは、え~っと・・渋谷歩いてたら・・女の子から、「ももちウザい!キモい!」、歩いているだけで・・「ももち歩いてる!マジうけるんですけど」と言われた。>と返答。そんな暴言を吐かれた過去があったんですね・・。映像では笑いのネタの一つとして紹介していますが、実際にそんな事を言われたら傷つきますよね・・。それでもなお、あのキャラクターを貫き通していたももちには感心しますね。

 

白石麻衣の辛いもの嫌いが炸裂。

今回の企画「ぷっ」すま激辛部新入部員オーディションは、ユースケ&乃木坂チームと草彅&Berryz工房チームの2組に分かれて、激辛鍋料理を食べきるという内容でしたが、白石麻衣はファンの間でも有名ほど、辛いものが大の苦手です。トップバッターで激辛料理に挑戦しましたが、結局一口で脱落しました。(笑) 大粒の涙を流しながら、次の挑戦者へ交代をせがむ程でしたので、本当に苦手である事が伝わってきますね。(笑) ちなみにドSキャラで有名な同チームの橋本奈々未はその光景を見ながら爆笑していました。

 

 

 

生田絵梨花も我慢できずに涙・・。

当時15歳生田絵梨花も、最後のメンバーとして激辛料理に挑戦。他メンバーが食べている時には、お得意のWe are the Worldを歌いながら応援するなど、まだ余裕の様子でしたが、自身が激辛料理に挑戦し、食べ続けていると・・段々と表情に曇りが。(笑) 結局我慢できずに泣き出してしまい、チームは敗北。しかし、15歳の女の子にしてはよく頑張ったのではないでしょうか。(笑) この光景は、乃木坂ってどこ?(現 乃木坂工事中)の乃木坂番長王決定戦!という企画で、大量の七味入りうどんを頑張って食べている時を思い起こさせるものになりましたね。しかし、時系列的には、乃木どこの方が後になるので、もしかしたら乃木どこの放送作家が当時のぷっすまを参考にして、いくちゃんを起用したのかも知れませんね。(笑)